:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

コーヒーの入れ方

コーヒーの入れ方 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日本でもエスプレッソは身近なものとなり、カフェだけではなく、

家庭でも手軽にいれられるマシンが人気です。

おいしいエスプレッソを家庭でいれるための、5つのポイントを紹介します。


①9気圧で抽出する

 9気圧は業務用エスプレッソマシンの気圧。

 以前は、家庭用マシンは低い気圧のものが大半でしたが、

 現在は、9気圧のものが沢山出ています。


②90℃の湯で抽出する

 90℃の高温で芳醇な香りを抽出することができます。

 マシンなら所定の手順に従えば、適正温度で抽出できます。


③理想の抽出時間は、20秒

 本場のバールでも20秒程度が、理想の抽出時間といわれています。

 この条件をクリアするために、2杯分を同時に抽出する場合もあります。


④1杯は30cc程度

 イタリアのエスプレッソは、日本より少々少ないと感じますが、

 満足感はたっぷりあります。1杯が約30cc。

 デミタスカップの半分程度、3口で飲める量が最適とされています。


⑤コーヒーの温度は70℃

 最もおいしいと感じる温度は、香り成分が最も立ちやすい70℃前後です。

 舌への体感も70℃が適温といわれています。

人気blogランキングへ


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

夏には欠かせないアイスコーヒー

意外にも、欧米よりも日本で古くから親しまれてきた飲み物です。


普段ホットで飲んでいるコーヒーを冷やしても、

おいしいアイスコーヒーにならないことがあります。

また、熱いコーヒーの温度を少しずつあげていくと、

白く濁ってしまいます{クリームダウン現象}。


おいしく、きれいな色のアイスコーヒーを入れるには、2つのポイントがあります。


第一は、冷やして飲むのに適した深煎りの豆を用いること。

第二は、クリームダウンを防ぐために、急冷させること。


この2つのポイントで、おいしくきれいな色のアイスコーヒーが作れます。

人気blogランキングへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

カフェ・デンとは、ベトナムコーヒーの総称です。

ミルク入りコーヒーを「カフェ・スーノン」、ミルク入りアイスコーヒーを

「カフェ・スーダー」と呼びます。


アオザイやシクロ、フォーなどと並ぶベトナム名物としてすっかり定着したベトナムコーヒー

日本でもチェーン店がオープンし、豆や器具を買える店が増えるなど、

ベトナムコーヒーを日常的に楽しみやすくなってきました。


ベトナムのコーヒー栽培と飲用の歴史は、フランス領インドシナの時代に始まり、

独特のコーヒーフィルターもフランスからもたらされたと言われます。

フランスには、ベトナムのフィルターと似た形状の優美な銀製の器具が残されていますが、

ベトナムのものはおもにアルミ製で庶民的なつくりです。


コーヒーは陶磁器のカップではなくグラスで飲むのが一般的で、

グラスの底にはかつて新鮮なミルクの代用品だったと思われるコンデンスミルクを仕込み、

上からコーヒー液をしたたらします。

バターを入れて深煎りする苦味の強いロブスタ種と、

甘くコクのあるコンデンスミルクは絶妙な相性です。

グラスの上にセットされたフィルターからコーヒーがしたたる様子はノスタルジックで、

癒し系アイテムとしても人気があったりします。

人気blogランキングへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。