:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

オリジナルブレンドコーヒーの作り方

オリジナルブレンドコーヒーの作り方 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ブルーマウンテン 40%

ブラジル 30%

コロンビア 20%

ロブスター 10%




ブレンドコーヒーには欠かせない、


抜群のバランスを持ったブラジルコロンビアに、


気品あふれるカリブ海コーヒーであるブルーマウンテンの芳香をプラス。


苦みのあるロブスターで、コクがあるのに飲みやすいコーヒーに仕上げます。



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ブラジル 30%

コロンビア 30%

モカ 15%

マンデリン 15%

ロブスター 10%




苦みと酸味のバランスが絶妙なブラジルと、


コクと甘みが際立ったコロンビアを同じ割合でブレンド。


まろやかな酸味のモカとコクのある苦みのマンデリンで味に強さを出し、


ロブスターの苦みで全体を引き締めます。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

コロンビア 40%

ブラジル 30%

キリマンジャロ 15%

モカ 15%



マイルドな酸味を持つコロンビアをベースに、


上品な酸味と豊かな香りのキリマンジャロ


甘みのある酸味が特徴のモカを配合。


複雑に絡み合った酸味をベーシックな味わいのブラジルでまとめ、


飲みやすく仕上げます。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

ブラジル 40%

コロンビア30%

マンデリン 15%

ロブスター 15%



全てにバランスのとれたブラジルをベースに、


苦みの強いマンデリンと味にまとまりを作るロブスターを配合。


甘みのあるコロンビアがコクと苦みをいっそう引き立て、


コーヒー特有の広がりのある味を作り出します。


[RSS] [Admin] [NewEntry]

ストレートコーヒーでは表現できない複雑な味を表現できるのが、ブレンドコーヒーです。


それぞれの豆の特徴を生かして、自分だけのオリジナルブレンドを作ってみましょう。




コーヒー豆には産地や種類によって、それぞれに味の特長があります。


それらの長所を引き出し短所を補って、調和のとれた味を作り出すのが、


ブレンドコーヒーです。


自分が求める味を自由に作り出せるところが最大の魅力です。


とはいえ、希望の味を作り出すのはなかなか難しい作業です。


きちんと基本を押さえておかないと、全ての豆の味が台無しになってしまうので、


ポイントをしっかり覚えておきましょう。




まず、使用するコーヒー豆の特長をよく理解することが大切です。


ストレートコーヒーで味わってみて、酸味が強いコーヒーなのか、


香りが豊かなコーヒーなのかといった、その豆の特徴をしっかりと理解しましょう。


その上で、どのような味のブレンドコーヒーを作りたいのかをイメージし、


豆の組み合わせを考えていきます。




基本的に、3~5種類を組み合わせます。


それ以上の種類を組み合わせるのは、プロ並みの知識と経験が必要となるので、


まずは、3~4種類を組み合わせることから始めてみましょう。



[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。