:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

2007年09月

2007年09月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

マロングラッセモカ


マロングラッセ風味のフレーバーシロップを使ったこのドリンクは、


まるで飲むデザート。


いちばん下がチョコレートとマロングラッセのシロップ、


その上にエスプレッソ、さらにホットミルク、フォームドミルクと層をに重ね、


チョコレートソースで仕上げる。


表面にマロングラッセを砕いてあしらってもいい。




〔材料〕


エスプレッソ・ソロ 1杯分{20~30ml}


グラニュー糖 約6g


マロングラッセシロップ 5ml


チョコレートシロップ 10ml


スチームドミルク 約200ml


飾り用チョコレートソース 適量




〔作り方〕


① グラスにチョコレートシロップと


  マロングラッセシロップを入れる。



② 別の容器にエスプレッソ・ソロを抽出し、グラニュー糖を加えて溶かし、


  これをスプーンで受けながら①のグラスに静かに注ぎ入れる。




③ スチームドミルクをスプーンで受けながら、


  フォーム{泡}を落とさないように静かに注ぎ入れる。




④ フォームをすくってのせる。




⑤ チョコレートソースで二重丸を描き、楊枝で放射状に線を引いて模様を描く。



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

巨大コーヒーゼリーをバケツで作ってます。


映像がちょっと長すぎて、見ててダレますが・・・笑。


まぁ、コーヒーつながりということで。





クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります

[RSS] [Admin] [NewEntry]




トルコ式コーヒー」または「ターキッシュコーヒー」と呼ばれ、中近東などで飲用されているスタイルです。銅または真鍮製の、長い柄のついたひしゃく型抽出器具(“イブリック”や“ジャズベ”と呼ばれます)を使って、煮出して抽出します。
このスタイルでいれている地域では、飲んだあとのカップに残るコーヒーの微粉をソーサー(受け皿)に移し、その模様で占いをしたりします。


Kalita 銅製 イブリック

[RSS] [Admin] [NewEntry]

リべリカ種


アフリカのリベリアを原産地とする品種で、栽培の歴史はアラビカ種より新しい。

リベリア、スリナム、ガイアナなどで栽培され、

香味はアラビカ種に比べると劣り、苦味が強い。

自国消費の他、ヨーロッパ向けで日本ではなじみがない。





ロブスタ種


「ロブスタ種」は通称。

植物学上では正式には「カネフォラ種ロブスタ」という。

原産地はアフリカのコンゴ。

適応性が強く、栽培しやすい低地向きのコーヒー。

リべリカ種より小さく、アラビカ種と同大。

葉、樹木ともアラビカ種より大きいが、果実はやや小さい。

世界全生産量の20~30%を占める。




クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります

[RSS] [Admin] [NewEntry]

マンデリン


インドネシアのスマトラ島で生産されるアラビカ種のコーヒー。

強い苦味と深いコクが特徴。




メリタ式


濾紙を使用するドリップ式の抽出器。

1908年、ドイツのドレスデン在住のメリタ夫人{1873~1950年}の発案による。





モカ


イエメンの旧モカ港から出荷されたコーヒー。

エチオピア産では「モカ・ハラー」、イエメン産では「モカ・マタリ」が代表的だが、

日本に輸出される豆は、ほとんどがエチオピア産。

優雅な香り、まろやかな酸味とコクが特徴。




クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。