:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

2007年12月

2007年12月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

エスプレッソの表面にできるヘーゼルナッツ色の層をクレマと呼びます。


クレマは油分を含む微細な泡の集まりで、時間がたっても消えず、


飲み終わったときにカップにその一部がこびりついて残ります。



クレマの厚い層は、エスプレッソの香りを閉じ込め、冷めにくくする働きもあります。


層の厚みは砂糖を加えると分かります。


厚い層なら、砂糖を加えてもすぐには沈みません。



また、エスプレッソには、ぜひともぽってりとした厚みのあるエスプレッソカップを使いたい。


砂糖を入れるのもお忘れなく。



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

エスプレッソコーヒー豆の量や抽出量・抽出時間は


バリスタによって多少の差があり、1杯あたりの豆の量が6.5~10g、


抽出量は20~30ml、抽出時間は20~30秒。


エスプレッソマシンの湯温は90℃前後に設定し、


抽出後のエスプレッソの温度が67~68℃になるのが理想です。


冷めないようにカップはあらかじめ温めておき、カップに直接抽出します。



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります

[RSS] [Admin] [NewEntry]

20071225190912

クリスマスの今日はホント寒い。


こんな日は、コーヒーでも飲んで温まりたいです。


クリスマスが過ぎると、今年も残りあとわずかですよね。


ホント一年の過ぎるのって早すぎです。


来年のクリスマスには、どんなコーヒーを飲むのでしょうか。


ちなみに今年のクリスマスは、外では缶コーヒー、家ではエスプレッソでした。



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります

[RSS] [Admin] [NewEntry]

20071224224752

クリスマス・イブエスプレッソを入れて飲みました。


別にクリスマス・イブだからって訳ではないのですが。


普段はペーパードリップで入れて飲むことが多いのですが、


エスプレッソマシンを使っていれる、エスプレッソもまた美味しいです。



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります

[RSS] [Admin] [NewEntry]

エスプレッソといえば、このソロを指します。


ソロは英語のシングルにあたるイタリア語で、


エスプレッソの分量をあらわしています。




2杯分の量のドッピオや、半量に濃縮したリストレット


薄目に抽出するルンゴは、すべてソロが基準になっています。


なお、イタリアではエスプレッソのことをcaffēと呼びます。



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。