:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

コーヒーのための砂糖の特長と選び方

コーヒーのための砂糖の特長と選び方 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

グラニュー糖

コーヒーに入れるには最適とされる砂糖。 白ザラメの一種。

サトウキビの搾り汁を何度にもわたって精製した後の結晶だけで作られる砂糖のうち、

サラサラしているもの。 水に溶けやすい。

クセのない淡白な甘さのため、コーヒーの風味を損なうことがない。


上白糖

グラニュー糖に次いで、コーヒーには適した砂糖。

精製度合いは、グラニュー糖と変わらないため、

味わいの点ではコーヒーの風味を損なうことがない。

溶けやすさも同程度。

入れる分量を調節しにくいなど、扱いやすさの点でグラニュー糖には及ばない。


ブラウンシュガー

地中海産のコーヒー用角砂糖。

精製度合いは、上白糖に劣るが、糖蜜特有のコクは感じない。

溶けやすく、甘みもやわらかいため、コーヒーや紅茶に適した砂糖として人気があります。

角砂糖に似た塊ですが、壊れやすいので、分量を調節することも容易です。


三温糖

コーヒーには向かない砂糖。

グラニュー糖や上白糖を製造した後に残る蜜を使って作る。

コクのある甘さと独特の風味を持つため、コーにーの風味を損なってしまう。

もともとはサトウキビの汁を精製せず、

三度煮詰めて作ったことから「三温糖」と名付けられました。


黒砂糖

コーヒーには適していません。

結晶と蜜お分けず、サトウキビの搾り汁をそのまま煮詰めて砂糖にしたもの。

濃厚な甘さと、強い風味を持つ。

分量を決めるのも容易ではない。

アレンジコーヒーに用いる試みもありますが、コーヒー本来の風味は生かせない。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/116-9b7fcdd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。