:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

コーヒーカップ

コーヒーカップ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コーヒーを飲むための器。

コーヒーの種類に応じて、さまざまなサイズのものが使い分けられる。


コーヒーカップにはもともとハンドル{取っ手}が付いていませんでした。

コーヒー発祥の国、エチオピアのコーヒーセレモニーで使われるカップは、

今でもハンドルのない、小ぶりの杯のような形のものです。


そもそも、現在のような磁器やボーンチャイナのコーヒーカップが出来上がったのは、

案外新しいのです。

マイセンで磁器焼成が始まったのが18世紀前半。

イギリスでウェッジウッドの創設者ジョサイアが、

本格的な磁器焼成の先駆けとなった「クリーム ウェア」のコーヒーセットを作ったのも、

18世紀後半のことです。

シャーロット王妃に納められたクリームウェアのカップはハンドル付きで、

造形の上でも、かなりモダンな印象のものです。


また、今でこそ、コーヒーカップとティーカップは、はっきり区別されて売られていますが、

これもここ数十年のことらしいのです。


ヨーロッパ各国はイギリスを除けば、圧倒的に「コーヒーの国」が多いので、

古参の陶磁器メーカーはおおむね、カップといえば、コーヒー用を

イメージして作ってきたのだと考えられます

{ウェッジウッドは18世紀後半から区別して販売していました}。


現在のコーヒー用、紅茶用の違いは形です。

コーヒー用が縦長なのに対して、紅茶用が朝顔のように開いています。

コーヒー用が冷めにくいように縦長形に対して、

紅茶用は水色が、より美しく見えるようにとの理由からだそうです。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/122-de69a0a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。