:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

ボストン茶会事件

ボストン茶会事件 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

1773年、ボストンに停泊中のイギリス東インド会社の船を、

アメリカの人々が襲い、積荷であった紅茶を海に投げ捨てた事件。


ヨーロッパからアメリカへコーヒーを伝えたのは、ジョン・スミス船長だといわれています。

17世紀、彼はトルコを旅してコーヒーを知り、

その後、およそ100名の人々を率いてバージニア州に上陸しました。

そこに植民地ジェームスタウンを建設したとき、コーヒーが初めて伝えられました。


その後、アメリカ大陸の植民地でコーヒーの需要は徐々に増えていきましたが、

アメリカを「コーヒーの国」へと変貌させる決定的な出来事は、

18世紀の終わりに起こりました。


17世紀以降、イギリスはコーヒー貿易戦争で、オランダやフランスに敗れ、

紅茶貿易に傾注していきます。

これは、植民地アメリカにも大きな影響を与えました。

イギリス政府は、植民地にも「茶条例」を発布、輸入紅茶を独占したうえで価格を上げ、

重税を課しました。

これに反発したアメリカの人々が1773年に起こしたのが、「ボストン茶会事件」です。


以後、アメリカでは紅茶人気が下火となり、コーヒー好きの国へと変わっていきました。

イギリスの一連の植民地軽視は、やがてアメリカ独立戦争の背景にもなっていくのです。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/125-fb8c6913
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。