:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

焙煎したコーヒー豆に油が?

焙煎したコーヒー豆に油が? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コーヒー豆が浮いてくるのは古くなった証拠、

と思っている人は多いようですが、一概にそうとはいえません。


種子であるコーヒー豆には約13%の油分が焙煎によって表面に浮いてくるのですが、

収穫から時間のたっていない生豆の場合、

成分が豊かなので焙煎した日から数日でテカテカと油が浮きます。

逆に時間のたっている生豆は、成分が少なくなっているので油は浮きにくくなります。


焙煎の度合いによっても油の浮きかげんは違います。

フルシティーロースト程度の深い焙煎では、焙煎直後から、

うっすらとが浮き出ますが、ミディアムロースト程度の深い煎りならば、

あまり油が浮くことはありません。

どうしても気になる人は、浅煎りタイプを選ぶとよいかもしれません。


が浮いてしまう原因としてもう1つ挙げられるのが、保存の方法です。

保存温度が高いと油はどんどん浮き出てしまいます。

焙煎後は、出来るだけすぐに冷蔵庫か冷凍庫で保存すれば、過度の油浮きは抑えられます。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/132-bb10fea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。