:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

生クリームとコーヒーのおいしい関係

生クリームとコーヒーのおいしい関係 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

生クリームとは、牛乳{生乳}を遠心分離機などで、分離し、水分をとり去ったもの。

濃度には国によって規定があり、日本の場合は乳脂肪分18%以上とあれています。


生クリームには、コーヒーの苦みをやわらげて、

口当たりをマイルドにするコーヒー用クリームと、

泡立ててアレンジコーヒーのトッピングやケーキのデコレーションなどに使う

ホイップ用クリームの2種類があります。

それぞれに適した使い方があるので、使用目的に合ったものをきちんと選びましょう。


コーヒー用のクリームは、生クリームの個性が強くなりすぎないよう、

たいていは乳脂肪分20~30%に調整されています。

ほかに植物性のクリームもあり、マイルド系のコーヒーの場合は、

こちらを使ったほうが味が壊れません。

しっかりした味のコーヒーならば、動物性の生クリームがよいでしょう。


ホイップ用クリームは、乳脂肪分35~45%以上のものを使用します。

これは、脂肪分が多くないとうまく泡立たないからです。

泡立てたときの気泡を固定して、独特のコシをつくるのは乳脂肪分の役割だからです。

通常ホイップクリームを作る場合は、グラニュー糖を加えます。

生クリーム180mlに対してグラニュー糖10gが基本量ですが、

好みによって調節するとよいでしょう。


また、ホイップクリームのかたさは、使用目的に合わせて調節します。

アレンジコーヒーなどで、ふんわりと角が立つ程度の七分立てに、

しぼり出し袋に入れてケーキなどのデコレーションに使う場合は、

しっかりと角が立つ八分立てくらいを目安にしましょう。

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/144-cb8c9647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。