:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

コーヒー鑑定士

コーヒー鑑定士 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

世界一のコーヒー生産国ブラジルでは、コーヒー豆の鑑定作業は、


国家の収支に重大な影響を与えることから、鑑定に従事する人材の認定も厳しい。


鑑定結果は、ブラジルのみにとどまらず、コーヒーの国際価格、


世界の市場をも左右するほどです。





コーヒー鑑定士たちは、まず、豆の品質を外見から判断います。


色沢、大きさ、質量、含水率、香り、欠点豆の数などを目、鼻、触感でチェックします。


その後、カップテスト{味覚検査}に移ります。





ブラジルで「クラシフィカドール」と呼ばれる鑑定士の本領がカップテストです。


彼らの味覚が商品価値を左右するため、カップテスターは、


絶大な権威と責任を背負っています。


カップテストは、サンプル生豆のテストローストから始まり、準備するものは次のとおりです。



① サンプル豆100g{中煎り・中挽き}10gずつ計量しておきます。


② 熱湯{沸かしたての湯を使うこと。酸素をたくさん含んでいるため}


③ テスト用カップ。ガラス製が最適。コーヒーの透明度や濁りを観察する。


④ カップと同数のテスト用スプーン。


⑤ 口をすすぐためのグラスと水。


⑥ コーヒー液を吐き出すボール。


⑦ 記録用紙と筆記用具。






●おいしいコーヒーの入れ方が身につく! ⇒ 【コーヒー資格講座】



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/145-ae710cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。