:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

ペーパードリップの注意点

ペーパードリップの注意点 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ペーパードリップの注意点



使用後のドリッパーやコーヒーサーバーは中性洗剤で洗っておくこと。


プラスティック製のドリッパーは洗浄時にコーヒーの渋が落ちにくく、


傷もつきやすい欠点がある。


また、熱で変形したり変質することがあるんで注意して下さい。





コーヒー粉に注湯するとき、粉と粉の間の空気が出口がないので圧迫されてしまう。


これは、ドリッパーのリブ{ドリッパーの内側斜面にある凸凹}が高ければ、


濾紙との間に空気の通風口がドリッパーの底部の穴だけに限られてしまう。


さらに、通風口があっても、その穴だけで圧迫された空気が抜けきらない場合は、


コーヒー粉の膨張面に空気が噴出して、せっかく膨らませた濾過層がつぶれてしまう。





古いコーヒー粉や湯の温度が低いと注湯時に、


中央部分が陥没しやすいので常に適正湯温を保つ。





煎りたての新鮮なコーヒーに熱湯を注ぐと膨張面が破裂するので、


適正な抽出 {きめ細かな泡} が成されているか、泡を見て確認する。



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/302-a73e6461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。