:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

コーヒーには抗菌作用がある?

コーヒーには抗菌作用がある? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コーヒー抗菌作用の関係。



コーヒーには抗菌作用があるのではないかと着目し、


研究したのは、東海大学医学部の石井明助教授のグループです。







特にピロリ菌と大腸菌に対するコーヒー抗菌作用の関連性を取り上げました。


ピロリ菌は、胃の粘膜に感染して胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを引き起こす細菌で、


胃がんとの関係をいう人もいる悪性の菌の一つです。


また、人間の体内にいる大腸菌のほとんどは無害で、


消化を助ける役割を果たすものもありますが、中には下痢などの消化器症状や、


合併症を引き起こす病原性大腸菌も存在します。


その代表格がOー157です。






ピロリ菌の抗菌作用の実験は、コーヒーを生理的食塩水で薄めて、


1%と10%の濃度になるように寒天培養地を作り、その上にピロリ菌を塗布します。


この状態で、72時間ピロリ菌を培養し、増殖の有無で、


抗菌作用があるか調べるというものです。


結果は、わずか1%のコーヒー濃度でも効果が表われ、


10%の濃度なら充分な効果があると確認されました。







大腸菌に対する抗菌作用の実験は、やはり、寒天希釈培養で、


コーヒーの濃度1%で、生存率は20%まで低下し、


濃度2%では、生存率1%に低下と抗菌作用が強まるという結果を得ました。


さらに液体倍養地による実験では、0%、12.5%、25%、50%の濃度のコーヒーを含む


100mlの液体の中に大腸菌を加えて培養し、菌の増殖過程を追いました。


その結果、コーヒーの濃度が上がるほど増殖抑制効果が高まり、


50%では、ほぼ完全に増殖を抑制することが判明しました。





嗜好品としてのコーヒーが、副次的にしても、細菌の増殖を防ぐことが分かり、


安心して飲めると、注目されています。




クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/318-10ba614e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。