:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

イタリアのコーヒー事情

イタリアのコーヒー事情 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

エスプレッソといえばイタリア。

街角のいたるところに「パール」というコーヒー店があります。

小さなカップにほんの少し入ったエスプレッソコーヒーは、

日本のよりも濃厚ですが、カラリとしてます。

イタリアに最初にコーヒーが伝えられたのは、17世紀初頭、ベネチアにでした。

このときコーヒーは是か非かという大論争が巻き起こったそうです。

そもそもイスラム教徒の飲み物だったコーヒーをキリスト教徒が飲むべきか否かという論争は、

ローマの法王庁をも巻き込むに至ったそうです。

ときの法王クレメンス8世が、「悪魔の飲み物といわれるコーヒーだが、

こんなに美味しいのなら、異教徒だけに独占させておくのはもったいない」と言ったそうで、

コーヒーに洗礼を施し、キリスト教徒の飲み物となったそうです。

現在のエスプレッソコーヒーの原型は19世紀に作られたそうです。

この抽出方法は、隣のフランスにも伝わり、南ヨーロッパで好まれる 

濃厚なコーヒーが定着しました。

ところが、イタリアではエスプレッソコーヒーに砂糖をいれて、泡を消さない程度に

軽くかき混ぜて飲みます。

苦味の強い深煎りの風味は、砂糖の甘みを加えることで、さらに引き立つのです。

地方性という点では、南イタリアのコーヒーは苦味が強く、北に行くほど苦味の中に

酸味を感じるタイプのエスプレッソが多く飲まれているそうです。



イタリアの代表的なコーヒーメニュー

カフェ・ラッテ

温めたミルクを入れたコーヒーのこと。
フランスのカフェ・オ・レと同じもの。

カプチーノ

エスプレッソに泡立てたミルクをのせたもの。
シナモンシュガーをふるのは、アメリカ流。

エスプレッソ

イタリアンスタイルの濃厚なコーヒー。
深煎りの豆を用い、蒸気圧を利用した高速熱湯で抽出する。

人気blogランキングへ ポチッとクリックお願いします。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/32-89fd0e3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。