:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

コーヒーに砂糖やミルクを入れて飲むようになったのはいつ頃?

コーヒーに砂糖やミルクを入れて飲むようになったのはいつ頃? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

現在、トルココーヒーと言っている飲み方が確立された時、


すなわち1500年代においては、まだ砂糖ミルクは、


コーヒーに入れられていませんでした。


最初に入れられたのは、竜延香や丁字、肉桂などの香料でした。


砂糖はありましたが、まだ入れられていなくて、高価でもありました。






では、いつから入れられたかというと、文献によれば、


「1625年頃から、カイロのコーヒー店で砂糖を加えているものもある」と、


ドイツの植物学者ウ”ェスリングの見聞記{1639年出版}に書かれたのが最初です。






砂糖が一般的に使われるようになったのは、


コーヒーがヨーロッパに伝わってから、


かなり年数を経た1700年代初めになってからのことです。






ミルクコーヒーに初めて入れたのは、1660年頃、


オランダ大使として中国に滞在していたニューホフだと言われます。


彼はある日ミルクティーの代わりに、初めてミルク入りのコーヒーを飲みました


これが、コーヒーミルクを入れた最初です。






フランスの医者シュール・モニンは、1685年、カフェ・オ・レを医薬として用いました。


そして、このカフェ・オ・レは、家庭で飲むコーヒーとして普及しました。


モニンのたてたコーヒーは、ボウル1杯分のミルクを火にかけ、


煮立ってくると、ボウル1杯分のコーヒーとボウル1杯分の砂糖を加え、


しばらく沸騰させるというものだったと言われています。



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/322-0fdaa0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。