:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

スーパーとコーヒー専門店での販売価格が違うのはなぜ?

スーパーとコーヒー専門店での販売価格が違うのはなぜ? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コーヒー販売価格がスーパーと、コーヒー専門店で違うのはなぜ?



一般的な事例で説明すれば、


① スーパーでの販売量と専門店での販売量の違い


② スーパーでの販売システムと専門店の販売システムの違い


以上が考えられます。





大型スーパーでの販売量は、その販売スペース、客数、購買層、


販売商品の製造メーカーブランド数等が、専門店での販売内容と大きな開きがあります。


この事は製造企業側の立場から見れば大量生産が可能です。


製造コスト面、資材面、物流コスト面、あらゆる面においてコストの低減に結び付きます。




一方では売り場での販売システムを見ると、


スーパーは顧客自身で商品を選ぶ必要があります。


商品内容の木目細かい対応は皆無に等しいのです。





それに対してコーヒー専門店は顧客サービスに徹しています。



① 商品知識が豊かな販売員が顧客の要望にこたえた販売管理がなされている。



② ほとんどのスーパーでの商品群の販売が袋、又は、他の容器に入った商品が主体に対し、

  コーヒー専門店での販売は品揃えの中にスペシャルティーコーヒーや、


  コーヒーに関するあらゆる器具等の商品が展示販売されています。



③ 顧客に商品を見せ、香りを嗅がせ、さらに店によっては、客の待っている間に、


  生豆から顧客のニーズに応じた焙煎加工を行う事も可能です。


  要は無人販売か、細かな対面販売かによって、スーパーとコーヒー専門店


  コーヒー販売価格の違いが表われています。


 厳選された世界の豆。ドリップコーヒー10種類の味を飲み比べ。コーヒー専門店カフェ工房




クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/327-8cde50b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。