:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

あ行 コーヒー用語集

あ行 コーヒー用語集 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

アメリカン


アメリカンロースト、浅煎りのコーヒーの通称。

または湯を多めにして、あっさりと抽出したコーヒーのこと。

おもにアメリカ西部でよく飲まれたことから、こう呼ばれた。




アラビカ種


世界のコーヒー全生産量の約70%を占める品種。

ロブスタ種、リべリカ種とともに三大種といわれ、中では最高品質とされている。

気候、土壌への選択性が強く、病気には弱い。




アロマ


焙煎されたコーヒーから立ち上がる特有の香り。

焙煎するときの熱によって生み出される揮発性の芳香物質による。




イブリック


トルコ式{ターキッシュ}コーヒーをいれる道具。

別名ジュズべ。

銅または真ちゅう製でヒシャクのような形。

この中にコーヒーの粉と水、砂糖を入れて火にかける。

煮上がったらカップに移し、漉さずに上澄みを飲む。




インスタントコーヒー


日本人科学者、加藤サトリ博士が発明した、湯や水に溶かして飲めるコーヒーのこと。

コーヒーの抽出液から水分を除いて顆粒や粉末にしたもの。

製法としては、スプレードライ{噴霧乾燥法}、フリーズドライ{凍結乾燥法}の

2種類がある。





ウィンナコーヒー


ウィーン風のコーヒーの総称。

日本で知られているのは、ホットコーヒーに生クリームをのせたもの。





エイジドコーヒー


パーチメントコーヒー{外皮と果肉を取り除いた状態}のまま、

生産地である高地で数年間保存したコーヒーのこと。

独特の風味があり高価だが、保存は難しい。





エスプレッソ


英語の「エクスプレス」のイタリア語で、

蒸気圧を利用し高速熱湯抽出する濃厚な風味のコーヒー。

19世紀イタリアで原型が作られた。





オイルオフ


クリームの脂肪球から脂肪が遊離して、コーヒーの表面に浮き出ること。

ウィンナコーヒーなどの表面にこの現象が表れる。




オールドクロップ


多年もののコーヒーのこと。

水分が抜け、色は黄色くなる。酸味が弱い。



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
アメリカンコーヒー
人気ブログランキングの『カフェ・喫茶店』からきました。
アメリカンコーヒー、事典的には、そのとおりだと思うのですが、以前、喫茶店を営んでいた頃、「お湯で割ったらアメリカン」を採用していました。
 
ポチ
2007/09/16(日) 19:59 | URL | エカワ #d6vwhNFw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/335-28f75ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。