:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

は行 コーヒー用語集

は行 コーヒー用語集 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

焙煎


コーヒーの生豆を煎って仕上げること。

ローストともいう。

生豆は焙煎によって熱変化を起こし、色、味、香りが作られる。

焙煎時間によって、浅煎り、中煎り、深煎りなどの段階があり、

風味が異なる。




ハワイコナ


アメリカ合衆国、ハワイ島にあるコナコーヒーの生産地、

または、ここで収穫されるコーヒーの名前。




非水洗式


収穫したコーヒー豆の果肉等を取り除いていく精製作業のうち、

水洗いする方法があるが、一方、天日に干すなどして水洗いしない方法の総称。

ブラジル豆のほとんど、エチオピア、イエメンのモカなども、

この方法で精製される。




ピーベリー


コーヒーチェリーの中にある丸い豆のこと。

普通は果実の中に2つの豆があるが、胚珠の一つが発育不全で一粒だけになったもの。

全体の10%程度しかなく、珍重されることもある。




フェザーリング


コーヒーに入れたクリームに含まれるタンパク質が、

羽毛のように凝固することをいう。

コーヒーの温度、クリームの鮮度によって起こる。




ブラジル


世界最大のコーヒー生産国であり、

この国で生産されるコーヒーを「ブラジル」という。




フラットビーン


平豆のこと。

普通コーヒーチェリーの中には、2つの豆が入っているが、

その接している面が平らになっているため、こう呼ばれる。




ブルーマウンテン


カリブ海、ジャマイカのブルーマウンテン山脈の標高800~1200mの山の斜面の

ごく限られた地域でのみ収穫されるコーヒー。

酸味、苦味、コク、香りの全てが調和している。





フレーバーコーヒー


コーヒー豆にバニラやチョコレート、スパイス、ナッツなどの香りをつけたもの。

アメリカをはじめ各国で人気がある。

各種のフレーバーがコーヒーの香りと調和している。




ブレンド


数種類のコーヒー豆を混ぜ合わせること。

または、そのようにして出来たコーヒーのこと。

コーヒー豆は産地や等級ごとに特徴が異なるが、

これらはクセとなることも多いため、複数の豆を混ぜて味わいを安定させる。



ホンジュラス


中米の国で、コーヒーの産地。

山岳地帯で採れ、水洗式で精製される豆は特に評価が高い。

豆の大きさは中程度、味はまろやか。

低地の豆は高品質とはいえず、ブレンドなどに用いられる。


クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/341-66fa69ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。