:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

ベトナム・インドネシアのコーヒー事情

ベトナム・インドネシアのコーヒー事情 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

アジアきってのコーヒー大国といえばベトナムの名があがりますよね。

輸入量の多さ、質からいうと日本もコーヒー大国ですが、

ベトナムは生産国としても世界有数の地位を占めています。

ベトナムの町を歩くと、あちらこちらにコーヒーショップがあり、

ブリキのドリップでいれたコーヒーを飲んでいる人をたくさん見かけます。

この習慣は、仏領インドシナ時代に始まったもの。

「カフェ」という名称や日に何杯も飲む習慣だけではなく、

コーヒー栽培も仏領時代に始められました。

ベトナムのコーヒーの特徴は、苦味の強い細挽きの粉で抽出した濃厚な味わい。

これにコンデンスミルクを混ぜたものも一般的です。

高温多湿のベトナムでは、甘いコーヒーを飲んで、体にエネルギーを蓄えるためか、

都市化が進みつつある現在でもコーヒーを甘くして飲む人が多いみたいです。

最近のアジアフードブームで、日本にも本格的なベトナムコーヒーが味わえるカフェが

登場しています。

同じようなスタイルのコーヒーは、インドネシアにもあります。

インドネシアでもジャワ島やスマトラ島は世界的なコーヒーの産地です。

インドネシアで「コピ」と呼ばれるコーヒーは広く飲まれています。

苦味の強いロブスタ種のコーヒーを、底に澱が残りドロっとするほど濃くいれて飲みます。

インドネシアでも、甘み付けにはコンデンスミルクが用いられています。

おいしいコーヒーはEXCELLENT COFFEE

                                         人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/36-3f2a8e14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。