:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

コーヒーは熱帯性植物と言われるが、その他の地域では育たないのか?

コーヒーは熱帯性植物と言われるが、その他の地域では育たないのか? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コーヒーは熱帯性植物であることから、気候、緯度に大きな影響を受けて栽培されます。


赤道に近い世界のほとんどが条件を整えている自然条件、


土壌条件であれば栽培が可能です。


赤道を挟んで南緯23度、北緯27度、いわゆるコーヒー、ベルトと呼ばれる地域です。


品種により多少の条件差はあっても、この範囲以外での栽培は先ず不可能です。





コーヒー栽培での条件ではいろいろな条件がありますが、


この中でも一番影響を受けるのは気温です。


熱射や乾燥風、以上高温、小雨、旱魃にも影響は受けますが、


特に低温、気温がプラス5度位になれば、


降霜によりコーヒーの木の葉は真っ黒に焼けてしまい、枯れてしまいます。





北緯25度の北回帰線上にある台湾では降霜被害、


低温による病虫害発生、日射が少なく成長が遅い等、


商業的な栽培には不向きであり、観光農園としての条件であれば


小規模栽培が行われています。


台湾でもこの状況であるので、日本では、人工的もしくはハウス栽培程度であれば可能です。



クリックをお願いします。ブログ更新の励みになります
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/428-4d6ff8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。