:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

シアトル系カフェと、イタリアンカフェの違いは何?

シアトル系カフェと、イタリアンカフェの違いは何? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

シアトル系カフェもイタリアンカフェもともにバリスタがコーヒーを抽出して売りますが、


その売り方にやスタイルには明確な違いがいくつかあります。


一つは、コーヒーマシンの位置が違います。


シアトル系カフェでは、コーヒーマシンは注文を受けるカウンター上に設置されてます。

バリスタはお客様の方を向いているので、バリスタの手元はお客様には見えません。

イタリアンカフェでは、コーヒーマシンはカウンターのバックヤードに設置されてますので、

お客様にもバリスタの手元がカウンター越しに見えます。

ただし、抽出しているとき、バリスタはお客様に背を向けることになります。


一つは、テイクアウトのあるなしです。


シアトル系カフェでは、コーヒーのテイクアウトの比率は高く、

場所によっては8割近くがテイクアウトでの販売という店もあります。

イタリアンカフェでは、近くにコーヒーなどを出前することはあっても、

テイクアウトでの販売もする店は少ないようです。


一つは、アイスコーヒーメニューのあるなしです。


シアトル系カフェでは冷たいコーヒーメニューが豊富。

氷とエスプレッソとアイスクリームやミルクなどを、

ミキサーにかけて作るフローズンドリンクの種類も多い。

イタリアンカフェでは、アイスコーヒーメニューは少ない。

イタリアでアイスコーヒーは「カフェ・フレッド」と呼びます。

ただし、特別に注文しないかぎり氷が入ってくるこおはありません。


細かいことですが、他にもいくつか違いはあります。


イタリアンカフェのバリスタは男性がほとんどですが、

シアトル系カフェでは女性バリスタも多くいます。

2004年の全米バリスタ選手権では1位~3位を女性バリスタが独占しました。


また、イタリアンカフェではチップが払われますが、

シアトル系カフェではファーストフード店同様に、チップはない店がほとんどです。


メニューでは、イタリアンカフェのカプチーノはフォームミルクを

カップの淵すれすれに注ぐのに対し、

シアトル系カフェではフォームドミルクを山盛りにする違いもあります。


コーヒーの味に関しては、イタリアンカフェではイタリアンローストという


一番深い焙煎度合いが多かったが、最近ではイタリアでも焙煎の度合いは

軽くなる傾向があり、イタリアンカフェの方がシアトル系カフェのコーヒーより濃いとは

言い切れなくなっています。

                                         人気blogランキングへ

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/55-33b27799
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。