:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

パーコレーター

パーコレーター に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

火にかけるだけだからキャンプに最適。


パーコレーターは、加熱することにより、

内部のパイプを通して湯を循環させてコーヒーを抽出する器具です。

構造的に濁りやすいという欠点もありますが、ワイルドな味わいはアウトドアにはぴったりです。


パーコレーターは、西部開拓時代のアメリカで、アメリカンコーヒーとともに普及しました。

今でもアメリカの課程でかなり広く使われているコーヒー器具です。


ポットに水を入れ、付属のバスケットにコーヒーを入れて火にかけると、

蒸気圧によって湯がバスケット中央のパイプを上っていき、

粉に浸透して落ちるというのが基本的なメカニズムです。

銃気圧で湯が浸出し、煮立てて抽出する仕組みはサイフォンと同じです。

循環を繰り返すことによって、コーヒーを抽出するパーコレーターは、

シンプルな器具だけにアウトドアで使いやすく、

昔の西部劇の焚き火シーンなどでもよく見かけます。


僕たちが「アメリカン」と呼んでいるコーヒーは、

薄いコーヒーという意味合いが強いですが、伝統的なアメリカンコーヒーは、

浅く煎った豆を粗く挽いて抽出したものをいいます。

アメリカ東部から西海岸に行くまでの長期間の保存性と歩留まりのよさから豆は浅煎り、

湯が循環するパーコレーターの仕組みに応じて粗挽きを採用したのです。


浅く煎った粗挽きのアメリカンタイプの豆をパーコレーターでいれれば、

ワイルドな味わいでカウボーイ気分にもひたれます{笑}


火にかけ過ぎるとコーヒーが出すぎて、濁りや苦味が強くなるので、

蓋のガラス部を見ながら適切な抽出時間を判断することが必要です。

構造上、香りが飛びやすく、コーヒー液が濁りがちなので、

家庭でコーヒーを入れる場合にパーコレーターは、必ずしもおすすめの器具とはいえません。


ただし、今でもキャンプ地では便利に使われています。

浅煎りの豆を粗く挽いたものを用意し、火にかけて沸騰したら、

すぐに火からはずすようにしていれると、香りを損なわず、比較的失敗が少ないです。

Coleman(コールマン) ステンレスパーコレーター3 170-8028

コーヒー・パーコレーター3カップ用

人気blogランキングへ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/98-56039d9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。