:コーヒーブログ :エスプレッソ :カフェラテ :レシピ :入れ方

コーヒーメーカー

コーヒーメーカー に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

レギュラーコーヒーやエスプレッソを自動抽出する電気器具。

ミルや浄水器が付いたものもあります。


あっという間に、本格的なコーヒーが楽しめる器具といえば、コーヒーメーカー

最近では、マガジンサイズなのに、業務用並みの9気圧で抽出可能な

エスプレッソメカーも市販されています。

進化ぶりは目を見張るものがあり、選ぶのに苦労するほどです。


コーヒーメーカーは大きく分けて、レギュラー用、エスプレッソ用、

両方をいれることができるものの3種類があります。


レギュラー用のコーヒーメーカーでは、挽きたての香りを楽しむことができるように、

電動ミル付きのものが、一時、大流行しましたが、

現在は浄水機能が付いたものが人気を集めています。

さらに、最近ではシャワードリップといって、湯の落ちるポイントが中央1点に集中せず、

粉が上手に膨らむよう設計されているものが注目されています。

Melitta コーヒーメーカー JCM-551/K(ブラック)

Melitta アロマサーモ ステンレス ダークブラウン JCM-561/TD


エスプレッソ用のコーヒーメーカーでは、まず選択のポイントは気圧です。

9気圧をクリアしているものも多数出ています。

基本的な機能に加え、牛乳の泡立てができるスチーム機能、

透明サーバーで抽出の様子を見ることができるものなど付帯機能はさまざまです。

ポッド専用のマシンも出ているので、これならテクニックや面倒はほとんど必要ありません。


第三のタイプのコーヒーメーカーとして、レギュラーコーヒーとエスプレッソの

両方をいれることができるタイプもあります。

価格帯も意外に手頃で、家庭でカフェ気分を楽しむにはおすすめできます。


使われるシーンを限定したコーヒーメーカーもあります。

オフィスなどで重宝する、サーバーやポットがなく、

カップで受けるタイプなどはその好例です。

人気blogランキングへ


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【PR】ダイエット天国毛穴 黒ずみ
  • seo
  • SEO
  • loading
  • 極楽コーヒー生活ブログ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://oisiicaffe.blog104.fc2.com/tb.php/99-34961974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。